こんにちは。制作部の寺本です。すっかり秋ですね。秋といえば芸術・食欲・恋などなどと盛りだくさんですが、秋の一大イベントといえばそう、「大学祭」です。憧れの「大学祭」についに参加する日が来ましたよ本谷さん!仕事ですけれど!

■本谷有希子、「早稲田祭」に登場!
11月5日、早稲田大学で行われる「早稲田祭」に本谷有希子が参加します!
放送サークル「FMwaseda」の公開番組にゲストとして登場いたします。是非お越しくださいませ!
『Fmwaseda 2005 早稲田祭電波ジャック』
11月5日(土) 12:00〜13:00
早稲田大学西早稲田キャンパス内大教室 15号館302号室にて
詳しい情報はコチラ。http://seirei.ath.cx/fmwaseda/

ラジオパーソナリティ1年生の本谷有希子が、無謀にも「公開生放送」にお呼ばれいたします。約600名も収容可能な大教室にて放送とのこと。挙動不審ぶりに磨きがかかることとは思いますが、皆様どうぞ温かい眼で見守ってくやってださいませ。

こんにちは。制作部の寺本です。今週もまた「本谷有希子のオールナイトニッポン」終わりでの更新作業です。今週はヲタクによるヲタクのための番組をお送りしました。いかがでしたか?ちなみにゲストの本田透さんと本谷の目が合うことは、やはり一度もありませんでした。

さて、番組内でもお知らせしましたが、本谷有希子の新作小説がついに発表になります!

タイトルはその名も『ぜつぼう』。

昨年発表した「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」や「新潮」に掲載された「被害者の国」とはまた雰囲気の全く違うテイストの作品になっているようです。本谷がひと夏を捧げて書き下ろした新作・「ぜつぼう」。是非是非お手にとってご覧下さい。

『群像』(講談社刊) 11月号・10月7日(金) 発売!
どうやら初の巻頭掲載のようです!表紙に「本谷有希子」の文字、探してみてくださいね。

こんにちは。制作部の寺本です。8月もあと数時間で終わってしまいますが、しょんぼりする暇もなく、今日はビックリなお知らせです。

本谷が毎月コラムを連載しているカルチャー雑誌「EYESCREAM」。最新号が9月1日に発売されるのですが、「みんなのことば」特集ページを開いてみてください。リップスライム、ロバート、リリー・フランキーら蒼々たるラインナップに続いてページをめくると…。
本谷さんですよ。なんと4ページも。あの写真嫌いで有名な本谷が3カットも掲載されているのです。おしゃれなカルチャー雑誌「EYESCREAM」にカメラ目線の本谷有希子ですよ。いいんでしょうか。ラジオで「カメラマンさんにのせられて、テンションが上がった」と語っていましたが、確かにテンションあがってます。皆様もその目で真偽のほどを確かめてみてください。神秘ですよ!

EYESCREAM [アイスクリーム] 2005年10月号:680円。
リップスライムの表紙が目印です。

みなさんこんにちは。気がつけばもう8月も後半です。
本谷と制作部はお盆真っ最中に、12月公演のチラシの撮影を行いました。
もう少しで次回公演のヴィジュアルも、皆さんに観て頂けるのではないかと思っております。
きっと素敵な仕上がりになるはず。お楽しみに!

さて、本谷有希子は今月もせっせと執筆活動しております。大人の文芸誌「ダ・ヴィンチ」にてなんと連載開始!その名も「小耳劇場」というタイトル。さらにイラストは、あの鳥海愛子さんが担当!劇団、本谷有希子の初期作品や昨年の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」をご覧になったお客様にはかなりのインパクトを残しているのではないでしょうか、彼女。女優として劇団、本谷有希子に参加してくれた鳥海さんと本谷が、今度は紙面でタッグを組みます。「ダ・ヴィンチ」連載の「小耳劇場」。是非お手に取ってご覧ください。

本日(8月1日)発売の「AERA」8月8日号に本谷有希子が登場!
「under29」という29歳未満のクリエイターを激写するページに掲載されています。

実はこの取材、本谷の実家で行われたものなのです。この日、取材陣は石川県日帰りツアーを強行。先に実家に戻り小説執筆に精を出していた本谷を激写し、滞在3時間で石川を後にしました。
そして写真の「離れ」。過去に劇団、本谷有希子のプレミアイベントにも出演してくださった本谷のお父様の「趣味のお部屋」なのです。本谷の後ろに所狭しと並ぶ、お父様の「趣味」の幅には一同脱帽。まさに「本谷有希子」の原点を見た、といった雰囲気でした。お父様の収集品は他に「空き缶」3,000個、「JRのポスター」3,000枚など。「モノは2,000個集めると、その時代が見えてくる。だから僕は3,000個集めるんです」とおっしゃったお父様がとても印象的でした。

本谷の言い訳。
「実家に遊びに帰ってたわけじゃないんだよ。この取材のためだったんだよ!」

本日発売の「AERA」。是非お手にとってご覧下さい。

e+ブログをご覧のみなさま、こんにちは。
劇団、本谷有希子オフィシャルブログ「現実日記」、いよいよ始まりました。このブログでは本谷有希子の最新情報や次回公演の情報、稽古場の様子など、本谷有希子や出演者のつぶやきを交えて更新していこうと思っております。お楽しみに。
さて今日は制作部からのお知らせです。
---------------------------------
「劇団、本谷有希子」初の舞台作品DVD化!
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』発売決定!!

昨年11月、青山円形劇場にて上演された劇団、本谷有希子の代表作がついにDVDに。価格も3,000円とお得です。ご来場された方も見逃した方も、この機会に是非!

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

■作・演出 :本谷有希子
■出演:
伊達 暁(阿佐ヶ谷スパイダース) 
森尾 舞(俳優座) 
吉本菜穂子 
菅原永二(猫のホテル) 
鳥海愛子 
本谷有希子

■価格: 3,000円(税込)
■発売日:8月25日(木)
■予約開始日:8月2日(火)
■DVD詳細:本編107分/1枚/4:3/ステレオ

全てのお問い合せは イーオシバイまで。
http://www.e-oshibai.com/ 
---------------------------------------------
小説版「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(講談社:1,470円)も好評発売中!この夏は小説とDVDで腑抜け色に染まってみるのはいかがでしょう。山本直樹さんのイラストが目印。是非に!

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。