渋谷の春。劇団、本谷有希子の春。あんど、なう。[2010年5月公演]
こんばんは。制作部の寺本です。
本日は大発表をさせて頂きます!ついに春の新作のことを……!

今年は劇団結成10周年にあたる年。
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』再演、『遭難、』に続く
「円形三部作」と勝手に銘打った5月に上演する本公演。
本谷からのキーワードは…「不道徳」。
何がどう不道徳なのかは今後のお楽しみですが
ガッツリ・ディープに芝居を盛り上げてくださるキャストはこちら!

劇団、本谷有希子 第15回公演

作・演出 本谷有希子

出演

小池栄子

水橋研二

安藤玉恵

広岡由里子

大河内 浩

2010年5月10日(月)〜6月6日(日)
青山円形劇場

いつも以上に深いところまで潜っていきそうな雰囲気ですね…。
続報は随時お知らせしていきます。お楽しみに!

さらにもうひとつお知らせです。
巷で噂のコミュニケーションツール「twitter」で
いよいよ「劇団、本谷有希子」公式アカウントが始動しました!

http://twitter.com/gekidan_motoya
アカウントをお持ちの方も、始めてみようかなーと思っているあなたも
「あいにくちゃん」のつぶやきをプリーズフォロー!

どうぞよろしくお願いします!

コメント

キーワードは不道徳、って興味深いです。
公演みてみたいです。
(2010-01-28 13:48)
こんにちは。
楽しみですね。
成功するように頑張ってくださいね。
(2010-03-03 11:19)
本谷さんは、日系エンタの映画批評で
松本人志の「しんぼる」を褒めてたから
信用できなくなった。
ゴミみたいな映画もどきのフォローするなんて・・
粗悪品には、正直に粗悪品といいましょう
狭山恭一
(2010-03-05 01:59)
辛らつなるものよ、己が名を匿さず、
有名であれ。
顧問弁護師
(2010-03-05 16:09)
高名な評論家先生が酷評するしんぼるをフォローする本谷さんのセンスw

『キネマ旬報』(1つ星が最低、4つ星が最高)

「しんぼる」

・品田雄吉 ★
海外ロケをしたり、CGを沢山使ったりして、意表をついた画面を沢山見せてくれるのだが、
それらの連続や組み合わせから何かの意味を受け取ろうとすると、それはどうやら無駄らしいことを知らされる。

・谷岡雅樹 ★★
古典を無視するのと無知とは違う。三池崇史は小津と聞いて魔法使いしか思い浮かばなかったが無知ではない。
北野武は無知でも畏怖がある。松本人志はどうか。ワンアイデアで押し通す学生の映画で、
それをメジャーに掛けられる環境には驚かされるものの、無駄に見える修業期間という「溜め」不足は
こちらの浪漫も殺ぐ。馬の耳か。

・土屋好生 ★
カフカ的空間といおうか不条理劇そのままの設定でいささか気恥ずかしい。
ブラックコメディーの線を狙ったのだろうが、残念ながら素直に笑えないところに時代とのズレを感じる。
独自の世界を作り出そうとはしているものの、すべては独断と偏見。

・原田雅昭 ★
“分かる奴だけついて来い”という、観客を恣意的に選別する松本流の姿勢は今回も変わらない。
映画の場合、それは決して否定するものではないが、しかし、この作品を“分かる”人間が
存在するかどうかは別問題。屁理屈をこね回せばいくらでも言いようがあるが、それも虚しい
狭山恭一
(2010-03-15 07:53)
チケット確保しました。
「来来来来来」以来2回目の観劇になります。
楽しみにしてます!
(私のブログにトラックバックさせてもらいました。少しでも宣伝になればと。)
よろしくお願いします。
http://zucchinyo.blog100.fc2.com/
(2010-04-02 08:07)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。