読んでいいとも![お知らせ]
こんにちは。制作部の寺本です。
随分とご無沙汰してしまいました……すみません。嵐とともに更新です。
皆さんのお住まいの地域では、台風の具合は大丈夫ですか??

たくさんのお客様にご来場頂いた劇団、本谷有希子『来来来来来』を
終えて、はや2ヶ月……。本当にありがとうございました!
熱い夏も通り過ぎ、秋深まる日々ですね。
我々はネクストアクションに向けて、着々とアイデアを耕し中です。
詳細をお知らせできるその日まで、もう少々お待ちください。

さて、本日はそんな秋にピッタリのお知らせです。

豊崎由美さんが外国文学の魅力を紹介するトークショー、『読んでいいとも! ガイブンの輪』に本谷有希子がゲスト出演いたします。


「海外旅行も洋画も各国料理も好きなのに、外国文学(ガイブン)はなかなか著者名が覚えられないし、登場する人物名も土地名もなじみがないからついつい敬遠してしまうというアナタ! 読んでみたいと思ってはいるけれど、次々出る新刊を前にどれを選んだらいいか途方にくれてしまうというアナタ! あるいは、海外小説についてさらにディープに知りたいというアナタ! とびきりのガイブン目利キストである豊崎由美さんが、毎回ゲストをお迎えし、「これはおもしろい!」「いまが旬!」「読んで損しない!」という新刊について、またゲストの知られざる「ガイブン体験」について聞きながら、みなさんを魅惑の翻訳小説ワールドへとご案内します。ゲストの方には、次のゲスト(お友だち)をご紹介いただきます。」

なにかとお世話になっている漫画家の榎本俊二さんからのバトンを受け、
本谷もまったく素人の「海外文学」への門をたたきます。
是非お立ち会いください!

翻訳小説リレー対談Vol.5 豊崎由美アワー『読んでいいとも! ガイブンの輪』開催!(ゲスト:本谷有希子)
ブックファースト新宿店・1Fブルースクエアカフェ内イベントスペース
10/24(土)午後6時〜午後7時30分


参加ご希望の方は、地下1階・Aゾーンレジカウンターにて、参加整理券(500円/税込)をお買い求めください(定員40名様)。

※参加整理券の電話予約は承っておりません。あしからずご了承くださいませ。
※イベント当日、会場への入場は、先着順・自由席となります。整理券番号順の入場ではございません。


詳細はコチラ

コメント

こん○○は。(^-^)/

10/24(土)、夕方の豊崎さん、本谷さんのトークイベントに参加させていただいた、50才の一般読者です。お忙しい中、お二人、並びにお二人のスタッフ(サイン会で本谷さんの隣におられたのは寺本さんですか??)、書店の皆様、本当にご苦労さまでした。m(_ _)m

私の考え過ぎか、空気が読めないせいでもあるのですが、今回のトークイベントの参加者は、スタッフも、トークのお二人もお若く、50オヤジは(会場がスタッフさんの立ち場所もないほどなので)いたたまれず、中途退出しました。だから、サイン会前のお二人のトークは初めしか聴いていません。

本谷さん(なんか、今年の渋谷のサイン会の時より随分お顔がお痩せになられたのが心配ですが(;^_^A、お体気をつけて下さいね。)の製作されるお芝居は、想定される観客の性別、年齢層とかあるのでしょうか。

今回のイベントもお芝居も、盛り上がる会場で、オヤジが浮いてしまうのも失礼なので...。

アドバイスでもいただけるか、チケット販売時に制限があれば明記願えると嬉しいです。

失礼します。では、では。(^^)/~~
新美(50才、子供無し)
(2009-10-25 15:21)
上記の書き込みへの追加です。

愛知県の田舎の市出身なので、東京ほどお芝居を鑑賞する機会が無く、せいぜい、小中学校主催の観劇会(たぶん「わらび座」)しかしらず、朝日新聞のBeで特集されていた本谷さんの劇団のことを知り、DVD以外の情報は集めたのですが、基本的にチケットが取りにくく、観劇は困難とはわかりました。ただ、劇団側の想定する観客層がわからないので、(これは本谷先生の対象とする一般読者の範囲もそうですが)先日のトークイベントの参加者が20代くらい(スタッフも)では、対談のお二人の話も聞かず(ラムちゃんは記憶あり、(笑))サイン会まで中途退場させていただきました。これは、スタッフが(独断で)空いている席として座ったこと、開演後に途切れなく入場されるスタッフで、私の立ち見の場所がなかったからです。
お二人のトークの出だしを聴いただけでも面白そうでしたが、50オジサンの想定外の人物がいるより、より有意義にお話しを理解できる若い方が良いと思い退室します。

お手数をかけますが、本谷先生の作品(書籍と舞台)に、対象年齢があれば、明記していただけると幸いです。m(_ _)m

実は、10年以上昔「夢の遊民社」が大流行した頃、会場が代々木の第一体育館の公演で、野田さん達は舞台の上をゴロゴロ回転しているだけで、ほぼそれで3部構成の1部がおわり、3部全て見れば全体のストーリーがよく分かるということでしたが、料金もパンフ代も高く、一部しか見られる予算はないでした。まだ20代(野田さんより若い)でしたが、これは商業演劇の鑑賞にもある程度の能力が必要かと思いました。
本谷さんの作品は未見なので、分からないのですが...。
新美(50才、子供無し)
(2009-10-26 10:23)
前回の台風に続きまた台風が近づいてますね。
外国文学の魅力を紹介するトークショーって秋にピッタリですね。
(2009-10-26 11:06)
本谷さんの子供の頃からの読書体験を聞くことができて、たいへん興味深かったです。
トークが始まってからは堂々としたものでしたが、テーブルについて話し始めるまでの一瞬の緊張感というか落ち着きのない感じがおもしろかったです。
髪の毛が少し短くなってたと思うんですが、よく似合ってました。
A
(2009-10-28 19:59)
これからもがんばってください!
s
(2009-12-15 11:07)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。